最初のカウンセリング/診断は一切、費用はかかりません。

もちろん、一度カウンセリングにお越し頂いて他院へ移られても

全く問題ありません。

他院での治療に不安をお持ちの方は是非、ご相談下さい。

お電話でのご予約・ご相談も承ります。

TEL 03-5245-3567

お問い合わせメールには以下の情報を入力して下さい。

⑴ お名前

⑵ 年齢

⑶ 郵便番号

⑷ ご住所

⑸ メールアドレス

⑹ 電話番号

⑺ ご相談内容

過去のメール相談の事例

頭痛は放っておいても治るのですか?頭痛は我慢しているべきなのでしょうか?

 一口に頭痛と言っても、いろいろな種類があります。
 放っておいても自然に治る頭痛もありますが、命にかかわる重大な病気の存在を教えてくれる唯一の症状が頭痛ということもあります。
 頭痛の診断・治療を考える際には、まず頭痛を大きく2つのグループに分類します。
 一つ目は、特定の病気の症状の一つとしての頭痛です。これは二次性頭痛と呼ばれて脳腫瘍、くも膜下出血、脳炎/髄膜炎などにみられ、生命の危険を教えてくれる頭痛が数多く含まれます。我慢して放っておいては命にかかわります。命に関わる重大な二次性頭痛を見逃さないこと、これが医療者がまず考える最重要ポイントです。突然の頭痛、今まで経験したことのない頭痛、いつもと違う頭痛、頻度や程度が増強していくような頭痛、こういった頭痛では二次性頭痛が疑われますから、すぐに医療機関を受診しなくてはいけません。
 二つ目は、原因となる特定の病気がない、いわば「頭痛それ自体が病気」である頭痛です。一次性頭痛と呼ばれます。片頭痛(偏頭痛)や緊張型頭痛などが代表的で、俗に「頭痛持ち」などと言われたりします。放置しておいても命にかかわることはありませんが、頭痛のために生活の質が大きく損なわれます。有効な治療方法が数多く知られていますから、一度は医療機関を受診してみるべきでしょう。
 一次性頭痛と二次性頭痛は、専門医による問診や診察で容易に区別できる場合もありますが、MRIやCTなどの画像診断もとても重要です。

頭痛で受診したところ、「筋緊張性頭痛」と言われました。

 以前、筋緊張性頭痛と言われていた頭痛は、最近の分類では緊張型頭痛として呼称が統一されました。緊張型頭痛の正確なメカニズムはわかっていませんが、長時間の読書やコンピューター作業、あるいは心理的ストレスなどのために首筋や肩の筋肉に持続的に力が入り、頭を取り巻いている筋肉の収縮をおこし、その結果、ヘルメットをかぶった様な持続的な圧迫されるような頭重感をきたしてしまうのが緊張型頭痛です。この場合にみられる首筋から肩の筋緊張が「肩こり」です。対策としては筋弛緩剤も有効な場合がありますし一般的な鎮痛剤も有効です。
 ただ、筋緊張が頭痛のメカニズムとして重要ですから、前向き姿勢などを是正するなどの生活習慣の是正、体操、マッサージ、入浴、精神的リラックスなどの工夫がもっとも重要といえます。
 以前は、「緊張型頭痛」=「肩こり」といった考えが一般的でした。しかし、それは正しくありません。片頭痛でもかなりの頻度で肩こりが自覚されます。片頭痛と緊張型頭痛では治療法が違います。片頭痛であればトリプタン製剤などで日常生活をかなり改善することが可能ですが、片頭痛の存在に気づかなければ辛い頭痛発作が持続します。肩こりがひどい場合には、是非一度、専門医を受診してください。「ひどい肩こり」にはいろいろな原因が考えられます。

頭痛がひどくて市販薬を飲んでいますが、最近は痛みがとれません。 むしろ悪くなっているようです。

 もっとも注意しなければならないのは「薬物乱用頭痛」です。医師の間でも必ずしも十分に認識されていない頭痛ですが、実際に多くの患者さんが「薬物乱用頭痛」の状態に陥っています。これは、頭痛に対して鎮痛剤を常用することによって発症/増悪する頭痛で、1か月に10日から15日以上にわたって鎮痛薬を常用した場合に出現するといわれています。
 「以前から頭痛がひどくて市販薬を常用しています」ということであれば、「薬物乱用頭痛」の可能性が高いと思われます。病院の薬でも、飲み方によっては同様です。このままでは、決して頭痛はよくなりません。すぐに頭痛専門医の診療をうけることをお勧めします。また、「薬物乱用頭痛」をおこす頭痛薬は市販薬とは限りません。たとえ医療機関で処方されている頭痛薬でも頻回に服用すると「薬物乱用頭痛」をおこしてくる可能性があります。

頭痛で病院に行ったら、うつではないのに「抗うつ剤」が処方されました。

 片頭痛の発作にはトリプタン製剤などの頓服薬がかなり有効です。しかし、頻回な発作に対しては薬物乱用頭痛などの副作用の発現が懸念されますから無闇に頓服薬は使用できません。そのような場合には頭痛の発現を予防する薬剤が考慮されます。
 実際に予防薬として使用される薬のなかには、もともと抗うつ剤や抗てんかん薬、あるいは、血圧の薬として使用されてきたものが多いのです。あなたの場合にも抗うつ剤は頭痛の予防のために処方されたものでうつ状態に使われたのではないと思います。ただ、頭痛はうつ病の症状としても比較的頻度の高いものです。主治医の先生が、あなたの精神状態を深く考えたうえで頭痛の予防と抑うつの治療の両方を一石二鳥に期待したのかもしれません。大切なのは、あなたがその薬の使用目的をきちんと理解して服用することです。主治医の先生におたずねすれば説明してくれるでしょう。

詳しくはホームページをぜひご覧下さい。

↑このページのTOPへ